ダンスの種類

studio BRAVEは主に2つのダンスクラスに分かれています。

1、スタジオ独自のクラス

2、一般的なダンスジャンルのクラス

 

1、スタジオ独自のクラスは

1)キンダー・キッズ

2)ガチキッズ・ティーン

3)ガチ中高生&趣味

4)なりきりアイドル(歌って踊る)

の4つです。テレビや映画で見るようなダンスやショーダンスを学びながらダンスの楽しさを知ってもらうクラスです。



2、一般的なダンスジャンルのクラス

HOUSE 

ハウスミュージックは「4つ打ち」、「速めのテンポ」など特徴。

それらのリズムやテンポに合わせるような「流れるような素早い足さばき」が、ハウスダンスの最大の特徴。

 

HIPHOP

ヒップホップに合わせて踊るダンス

ヒップホップは、アップ、ダウンの2種類の音の取り方が基本になっているのが大きな特徴。

ランニングマンクラブステップなどが代表的。

 

LA STYLE HOPHOP  

HIPHOPR&Bの曲を使い歌詞や音を独自の感性・イメージ、日常生活の経験を基に作られた振付で踊るダンス。

海外のミュージックビデオや映画で見られるダンスの多くがこのスタイルと

呼ばれているダンス。

 

LOCK

身体の各部をカギをかけるかのように固定しピタっと止まり、そして動き出すことで流れを作るのが、このロックダンスの特徴。

 

BREAKIN(ブレイク)

          breakbeatsで踊るダンス。

「エントリー」「フットワーク」「パワームーブ」「フリーズ」という4つの動きから構成されており、エントリーとはブレイキンの中での立ち踊りを指し、「フットワーク」は屈んだ状態で素早く足を動かすムーブ。「パワームーブ」は頭で回るヘッドスピンなどの大技のことを指し、「フリーズ」はピタッと動きを止めることを指している。

 

Jazz

          バレエの要素を取り入れたダンス

一般の人が目にする多くのタレントやアーティストのダンスやミュージカルなどで踊っているものは、ほとんどがジャズダンスがベースになっていることが多い

 

POPBRAVEでは「フリースタイル」クラス)

         まるで人間ではないような動きのダンス。

         身体の動きはもちろん、筋肉の弾きなどを使い、不思議な動きをするのが特徴。

ロボットのような動きをする「ロボットダンス」や、まるで身体のさまざまな部位が波打っているように見える「ウェーブ」が、「ポップ」の代表的なムーブ。